豊田市Y様邸 寛ぎのLDK « TAMACO PLANNING | インテリアコーディネート | 豊田市

タマコプランニング
2018/01/19

豊田市Y様邸 寛ぎのLDK

IMG_9976

豊田市Y様のLDKのコーディネートです。

Y様は以前カウンセリングルームの離れの工事をさせて頂いたお客様です。

離れ同様、木の温かみを感じられる空間をご希望でした。
3人の息子さんは皆さんそれぞれ家庭を持たれて、離れて暮らしていらっしゃるので、50代のご夫婦二人でのお住まいです。

 

離れの床や壁はホワイトパインでしたが、LDKはヒノキの無垢材にてご提案させて頂きました。

 

IMG_9953

工事前はこんなお部屋でした。

IMG_3983

床の色も濃く、お手持ちの家具も同じく濃い色のものが多かったのです。
節有のヒノキの床にすることで、家具とも馴染み、全体に柔らかな空間になったかと思います。

 

キッチンの動線も使いにくいとの事でしたので、リビングに向けての対面に間取り変更しています。
ご夫婦二人の食事は、キッチンの横にすることで、空間も広く取れ、食事の準備の動線もスムーズになりました。

IMG_9963

 

IMG_9871

 

色んな所にお庭のお花屋、観葉植物が置かれていて、丁寧な暮らしは素敵だなーと。

IMG_9873

 

IMG_9925

 

IMG_9943

 

想い出や物をとても大切にされている奥様。
出来る限り、今ある物を利用したいというご意向でした。

家具の色に合わせ、キッチンの腰壁部分のみ、杉の羽目板を貼って、塗装しました。
もともとはこんな色。

IMG_1063

現場で色の調合をしてもらいながら色合わせ。

IMG_1068

 

IMG_9930

キッチン横に窓。
いろいろ納まりに苦戦しましたが、無事納まりました。

IMG_9875

リビングは、大きな変化はしていませんが、窓下の高さに合わせて床と同じヒノキの腰板を。
少しの事ですが、木のぬくもりと白い壁とのボリュームのバランスで、寛ぎのリビングになったかなーと思います。

カーテンはそのまま利用。
レールのみ取替えさせて頂きました。

IMG_9909

【編集後記】

IMG_0510

もともとは、床がフカフカしますというところからスタートした今回のリフォーム。
このころのお家は、捨て貼りがなく、根太の上にフロアーが直貼りしてある場合が多いのです。
また、ベタ基礎ではなく、布基礎の場合が多く、床下からの湿気が上がって、床がフカフカしてしまうのです。

床組を全部撤去して、コンクリートを打ち、新たに床組をしました。

構造上取れない柱は、随分劣化や欠けがありましたので、新しく取り換え、腰板と合わせて塗装をしています。

IMG_3209

ご夫婦お二人での暮らしが、安心して、快適になるよう、見えない部分も丁寧に施工させて頂きました。

寛ぎのLDKで、素敵な時間を過ごして頂けたらと思います。