『NO』は時に必要。 « TAMACO PLANNING | インテリアコーディネート | 豊田市

タマコプランニング
2019/03/01

『NO』は時に必要。

私が幼いころ、父が読んでいた本に「NOと言えない日本人」と言うのを見つけて、なんて本だ!?NOって言えるよ!って思った記憶があり、Amazonで調べてみたのですが、出てきたのは石原新太郎の「NOと言える日本」。。。

幼いころの記憶なので、私がどう勘違いしたのか、本当にその本はあったのか??今となっては闇の中です。

 

さて、現調に行くといろんなお客様のお家があります。
今のままを見せて頂きたいと言うのが基本です。
たいていの方が、ちょっとだけ、綺麗にしました♪とおっしゃいます(笑)
インテリアコーディネートをお金を出して依頼したいとお問い合わせいただく方ですから、悩みがあるのです。

 

大きく分けて2パターンのお客様がいらっしゃいます。

 

わぁ!!既に素敵じゃないですか!?っていうお客様。
ここから更にバージョンUPをするために、プロの力を借りたいという方。
今あるお部屋に足し算、掛け算的なコーディネートの進め方になります。

 


とにかく、どうしたらいいのかわからない。
ゴールも自分では分からない。
とにかく助けてーと言うお客様。
収納に困り生活感あふれる部屋になっている方が多いのかな。
そういう場合、引き算、割り算的なコーディネートの進め方になります。

 

現在ストップ中のインテリアレッスンですが、冒頭にお話しするのは収納の話です。

 

お家、お部屋、収納家具。
箱が決まっている以上、容積が決まっています。
それ以上の物を持てば溢れるし、少なければ余裕や余白を確保できる。
当たり前の事なんですけどね。

 

 

誰もがミニマムな生活を求めているわけではないし、たくさんの好きな物に囲まれたギャラリーの様なお部屋だって素敵だと思いますよ。
でも、心安らぐ美しい空間となると、余裕とか余白ってある意味必要なんじゃないかなーと私は思ってご提案しています。

 

 

と言うわけで、そういう事を踏まえて、物理的に荷物を見直してみましょうか?とか、この家具はサイズアウトですよ!とかは結構ズバズバ言います。
全てにYESではご依頼頂いた意味がありませんので。
ここはNO!と自信を持って言える事。
お客様も、なるほど、NO!だよね??と思ってもらえる、そんな打合せ、ご提案を心掛けていたりします。

 

IMG_8765

 

あちこち現場が同時進行です。
的確な指示を図面にぎっしり描き認め、職人さんを信じてお任せしている。そんな毎日です。

3月は、温めてきた物件が一斉に納品となりまして、ドキドキしながらも楽しみなひと月となりそうです。


 

ランキングに参加してます。
↓それぞれクリックして頂けるとうれしいです♡

人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ
***お知らせ***
Facebookページを全く更新せずいましたが、再スタートしました。
是非「いいね」でご登録くださーい☆

こちらからどうぞ!

豊田市、岡崎市、みよし市で新築、リフォーム、リノベーションをご検討の方はお任せください!